HOME>特集>高めに設定されている歩合給がモチベーション

都市部ほど稼げる仕事

近年、タクシー乗務員の高齢化が問題になっています。都市部においても、平均年齢が50歳を超えています。しかし、味方を変えるとチャンスが眠っている業界です。業界全体が若手の採用に積極的で、稼げるチャンスがあります。

昼勤のみも可能

タクシー乗務員の大半が、夜から深夜にかけて活躍しています。しかし、タクシー会社によっては昼間専属のドライバーも多く活躍しています。例えば子育て中のお母さんが、昼勤を希望して働いています。大手のタクシー会社になれば、託児所が完備されています。安心して働けて、尚かつ歩合給が高いのでモチベーションになります。研修制度が充実しているので、未経験であっても不安は少ないと言えます。初年度から年収500万も可能で、若いうちに昇進することが出来ます。

各種補助が充実

タクシー乗務員に必須なのが、二種免許の取得です。当然、多額の費用がかかりますが心配は無用です。補助を受けつつ教習所に通うことが出来ますし、運転に関してのアドバイスを受けられます。寮や保養施設をもつタクシー会社も増えていて、採用後すぐに引っ越すことが出来ます。通常の有給休暇制度以外にも、誕生日休暇や勤続によるリフレッシュ休暇があります。心身に優しい職場でもあります。